令和2年第1回新座市議会定例会閉会

改選後、2月28日に開会した新座市議会定例会は新型コロナウイルス感染症に対応するため会期日程の変更などがありましたが、3月27日に全議案を議了し閉会しました。
 令和2年度一般会計予算、各特別会計予算等、市長提出議案は、原案通り可決されました。私は総務常任委員会委員長に就くことになり、委員会運営、委員長報告を行いました。また、追加議案(令和元年度一般会計補正予算)については、本会議での質疑、討論に立ちました。
 会派「由臨会」の議会報告も作成しましたので、ご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する要望書を提出

新座市議会会派 由臨会(ゆうりんかい)を結成 新たな気持ちで頑張ります!
左から 鈴木芳宗議員、米橋結太議員、島田くに代、上田美小枝議員、荒井規行議員
私は会派代表を務めることになりました。
議長退任のご挨拶

令和2年2月25日 任期満了を迎えました
議長としての最後の一日。午前中は一般質問通告書に目を遠し、各会派の議員室を訪ね、ご挨拶を。
 午後は、最後の議長公務となりました新座市食品衛生協会、料飲店組合合同の新年会に出席しました。その後、読売新聞の取材を受け、各部にご挨拶回りを。
最後に議会事務局の皆様に、感謝の気持ちをお伝えして、議長の任を終えました。
 平成30年2月20日に第30代の新座市議会議長に選出いただき、以来2年間、多くの皆様のご指導、ご協力を賜りながら、開かれた議会、分かりやすい議会、そして何よりも信頼される議会を目指し全力を尽くして参りました。
 多くの団体様や活動の場にお招きを賜り、市民の皆様が一丸となり、力を合わせて、新座市を支えて下さっている姿を拝見し、私自身に力と勇気と誇りを与えて下さいました。心からの感謝を申し上げます。
 市議会では議員の皆様のご協力をいただきながら、議会改革を進め、政策研究、政策提言制度の導入、新座市議会業務継続計画BCPの策定、ICTの活用、ペーパーレス化の推進などを行うことが出来ました。
 また市議会以外では、朝霞地区市議会議長会、埼玉県第5区市議会議長会会長、埼玉県市議会議長会副会長、全国市議会議長会評議員、志木地区衛生組合監査委員、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員、彩の国さいたま人づくり広域連合議会議員など、多くの役職に就き、与えられた職責、使命を常に意識し、誠実に執務に当たって参りました。
 議長会では、他市の議長の方々と親しくお話させて頂く機会を賜り、本当に貴重な経験をさせて頂きました。
 議会事務局の皆様には、本当に助けていただきました。ありがとうございました。
議長として駆け抜けた2年間で得たかけがえのない経験を、これから十分に活かしながら、明日から始まる新たな任期を歩み出したいと思います。
本当にお世話になりました、ありがとうございました。

令和2年2月16日執行新座市議会議員一般選挙のご報告

2130.505票(公職選挙法第68条の2に基づきあん分)という多大なるご支持を賜り、4期目の当選をさせていただきました。心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

気持ちを新たに、さらに頑張ってまいります。
2月15日(土)新座市議会議員選挙7日目 最終日
7日間の選挙戦、温かいご理解ご協力に心から感謝申し上げます。
選挙期間中、財政健全化についてを中心にお話させていただきました。
施策の選択と集中、市と市議会が協力しながら、足腰の強い財政基盤を築いていきます。
今回、30人の立候補者のうち女性は13人。女性活躍、女性の政治参画が言われるなか、私はしっかり今回も当選させていただき、今後の4年間も市議会で仕事をさせていただきたいと思います。
準備期間から含め、長きにわたり、選挙に時間を割いてくださった皆様。仕事の時間、家族と過ごす時間、趣味を楽しむ時間、友達と過ごす時間など、限られた時間の中で私の選挙に時間を創っていただき、惜しみ無く注いで頂きました。心からの感謝を申し上げます。
私は今後の4年間の時間で、しっかりと皆様に仕事としてお返しすることをお約束します。
7日間、共に戦ってくれた選挙カーには、桜の花が描かれています。明日の投票日には、私、島田くに代に一足早い 満開の桜の花を咲かせていただきますよう、私に皆様の一票をお使いいただきますようお願いします。